" />

 0120-783-724

24時間365日 ご相談・お見積り無料(携帯可)

探偵

泣き寝入りしない方法

今日から、9月ですね。

秋を感じる様な気候ですが、まだまだ暑い日等もあるようですので、体調管理にお気を付けください。

本日は、泣き寝入りについてです。

何の泣き寝入り?

 

1 パートナーの浮気を知っていたが、証拠が無くそのまま離婚をしてしまった。

 

2 メール、SNSの異性とのやり取りを発見してしまったので、パートナーを問い詰めたが、シラを切られてしまった。

 

3 あからさまに、おかしなレシートを見つけて、パートナーを問い詰めたが、シラを切られてしまった。

 

この3パターンに共通しているのは、パートナーの浮気に関しての泣き寝入り(実際にあったケース)です。

もちろん他のケースもありますが、実際に起こったケースを基に泣き寝入りをしない方法を紹介します!

まずは、1のパターンからです。

パートナーが浮気をしていることは明白な状況にも関わらず、そのまま離婚をしてしまう方は一定数いらっしゃいます。

離婚とは、人生の大きな分岐点になる事は間違いありません。

慰謝料請求財産分与親権、等々、今後の人生に関わる大きな損害を被る可能性が高くなってしまいます。

では、どうすればいいのか。

答えは、「証拠」があれば、泣き寝入りをせずに、様々な対処方法が出来ます。

弁護士さんにご相談、離婚調停など。

2のパターンでは、もちろんパートナーが異性とラブラブなやり取りをしていれば、頭に来る事は理解出来ます。

ただ、そこで問い詰めたりしてもシラを切られたり、その異性との関係も終わらずに継続というケースが多く見られます。

こちらのパターンでは、1度グッと堪えて頂き、「証拠」を手に入れて頂き、シラを切らせない状況を作る事が重要になります。

そうする事で、パートナーとの信頼関係の修復にも繋がり、円満な生活を手に入れる可能性が高くなります。

3のパターンに関しても、2のパターン同様の対処が良いと思われます。

ラブホテルの領収書、異性へのプレゼントのレシート等、写メ等で撮ることも重要ですが、1番重要な「」と行ったのか、「」にプレゼントをしたのか。

ここが分からないと、解決には繋がりません。

ガルエージェンシー松本では、どの案件に関しても、まずは状況をお伺いして、ご相談者様が求められる事に沿って、「調査方法」「調査期間」「調査費用」をご提案させていただきます。

まずは、1人で悩まずにご相談して下さい。

無料相談がありますので、ご安心して下さい。

浮気調査・素行調査

-探偵

© 2021 総合探偵社ガルエージェンシー松本